読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真デイズ〜好きなこと〜

写真は独学で撮っています。写真が好きだから、好きなこと発信ブログ。

「茂手木秀行写真 展星天航路」を見て

写真展の感想

f:id:photo-fmichiyo:20170119084200j:image

 

新宿コニカミノルタプラザギャラリーで開催中の

茂手木秀行さんの写真展を見に行きました。

 

CP+2015のニコンブースで登壇されてたのを見て茂手木先生を知りました。

(CP+は「カメラと写真映像のワールドプレミアムショー」カメラ関係のありとあらゆるメーカーが集う展示会です)

 

たくさんのプロフォトグラファーの方が各メーカーのステージで登壇します。

ニコンブースでD750のカメラで登壇されていたのが、茂手木先生でした。

キヤノンユーザーの私が、ニコンD750を買おうかと思ったくらいにメーカーと登壇者の術中にはまりかけました。(結局は買ってません)

 

閉館時間間際にお話させていただいたら、すぐに出なくてはならなくなったのですが、

茂手木先生からもう少し写真の話をしましょうとお誘いいただき、居酒屋へ行きました。

先生の後輩にあたる写真を志す大学生の男性と、

たまたま外の看板を見て入ったミュージシャンの女性、

その時間にギャラリーにいた知らない者同士のそうそうない飲みの席となりました。

 

でもこれがまた、とても楽しい時間でした。

年代も職業もカメラや写真の知識もバラバラな3人。

でも、めっちゃ楽しかった。

 

先生の写真は

真っ暗な中で撮影し、浮かび上がる星空と地上。

自分の思い描いたものを写真で表現する。

自分の思い出や好きな物を追い求め、それをイメージして写真で表現する。

と、私が説明すると微妙に違うかもしれませんが。

 

東京近郊で見たものに何かを感じて撮っている私とは逆の表現。

だからこそ、強く感じるものがあったんだろうな。

 

先生の話を目の前で聴いてる中で

2年前にスクリーンで見た写真を思い出し、

2年前に受けた感銘が呼び起こされ、

思わず浸ってしまいました。

そうそう味わえないだろうなあ、こういう感覚。

 

茂手木先生よりいただいた膨大な刺激と影響は

記憶で頭の中を巡らせるだけじゃなくて、

これから字にして自分に刷り込みます。

貴重な時間をありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーー

茂手木秀行写真展

「星天航路」

コニカミノルタプラザギャラリーB

2017年1月14日(土)〜1月23日(月)

10:30〜19:00(最終日は15:00まで)

東京都新宿区新宿3−26−11 新宿高野ビル4F

ーーーーーーーーーーーーー

 

こちらは、茂手木先生作の動画。

個展会場でも壁一面に流れてる動画のダイジェストです。

 

youtu.be