読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真デイズ〜好きなこと〜

写真は独学で撮っています。写真が好きだから、好きなこと発信ブログ。

今まで撮った写真を見返しています。

写真のこと

f:id:photo-fmichiyo:20170216193936j:plain

 

2月もまだ半分ですが

ずいぶん長いこと時間が経ってるような気がします。

今日、花粉症2017がスタートのようなムズムズがきました。

 

今まで撮った写真を活かすべく、ハードディスクを見ています。

今は、ライブ写真以外の写真。

 

懐かしい、下手だなあ、惜しいなあ、

なんて思いながら写真の再調整して、今の好みにするのも面白い作業です。

 

そしてピンときた写真は引っ張りだしておく。

この羊の写真も、、、

ホントはかわいい羊なのに、挑まれてるようで

ドキッとしました。

 

今週中に今まで撮った桜の写真をまとめようと作業してます。

実は、一年前にやろうと思っていたのですが、ずいぶん経ってしまいました。

でも、この間撮ったばかりの桜の紅葉も冬のソメイヨシノの木も入れられる。

 

だったら夏のソメイヨシノの葉っぱの写真があれば四季が揃うじゃないか

って思いついたはいいけど、

夏に桜を意識して撮ったことはなくて、あったかどうか怪しい。

ほしいからって今撮れるわけはないし。

それでも記憶をたどったらありました。

蟬の脱け殻を撮った写真にソメイヨシノの葉が写ってた。

 

f:id:photo-fmichiyo:20170216232541j:plain

 

これを撮ったときの気持ちは、「こんなもんか」って程度だったからトリミングして構図を変えてまずまず納得の一枚に。

とにかく撮った自分を褒めておいて、この気持ちは今後の糧にしたいと思います。

 

写真に撮っておかないと必要なときになかったり、

今、この瞬間にしか残せないことがたくさんありますね。

季節も、もちろん人生にも。

 

 

冬の太陽の暖かさ

写真日記 レイキ

f:id:photo-fmichiyo:20161225153708j:plain

 

お日様がポカポカ暖かい。

 

「太陽と地球の距離が

ほんの少し近ければ熱過ぎて、

ほんの少し遠ければ凍ってしまい、

生物は存在できない。奇跡の距離で保たれている。」

プラネタリウムの宇宙創世の番組でこのような解説を聴きました。

 

上の写真を撮ったとき、それを思い出して

ただただ太陽がありがたい

陽の光に当たれることに感謝しながら

じわーっと浸っていました。

そして、太陽の暖かさはレイキで感じる暖かさに似てると思いました。

レイキは目に見えるものじゃないけど、

信じたり、念じたり、祈ったりしなくても

自然の気だから、そこに必ず存在してる。

極端に言うと、私はレイキは特別なすごいものとは思ってなくて

便利なものだと考えています。

レイキを教えてくれた先生やレイキをさせていただいた皆様に感謝してます。

レベルⅠを受けてから8ヶ月、これまでの経験を持ってレベルⅡへ進みます。

レベルⅡでは、出来る事が増えるので楽しみです。

 

f:id:photo-fmichiyo:20161225155205j:plain

 プラネタリウムにあった太陽系の模型。

 

一人一展2017第二部終了しました。

2017年1月28日22時をもって

一人一展2017第二部終了しました。

f:id:photo-fmichiyo:20170201220344j:plain

f:id:photo-fmichiyo:20170201220406j:plain

 

 

ライブ写真で作品をコラージュし、ポスターにしました。

作品というよりグッズになるようにと思って考えました。

 

製作しながら

撮った写真がどう使えるのか

自分がどんな撮り方をしてきたのか

というのを改めて考える事ができました。

 

写真展開催中は、作品作ったやりきった感でいっぱい。

考えるのは先のことばかりでした。

 

5月の個展のこと。

一個前の記事の茂手木秀行さんの写真展の影響を受け。

レイキのレベルⅡを受けることを決め。

今まで自分が撮った写真を活かせそうな場所に出会ったり。

 

この冬は、なんだかいろんな見方が変わった感じです。

 

長い1月が終わり、今までのことを活かして新しい始まりのような気持ちです。

楽しかった。楽しい。を独り言でもよく言うので、ホントに楽しいんだな(笑)

 

5月8日(月)〜5月27日(土)

代々木cafe nookで個展を

DEPTHのライブ写真でやります。

どうぞお見知り置きを。

 

それでは、最後にDEPTHのvo.g.GUNNさんご来店のときの写真

 

 

f:id:photo-fmichiyo:20170201180403j:plain

 

「茂手木秀行写真 展星天航路」を見て

写真展の感想

f:id:photo-fmichiyo:20170119084200j:image

 

新宿コニカミノルタプラザギャラリーで開催中の

茂手木秀行さんの写真展を見に行きました。

 

CP+2015のニコンブースで登壇されてたのを見て茂手木先生を知りました。

(CP+は「カメラと写真映像のワールドプレミアムショー」カメラ関係のありとあらゆるメーカーが集う展示会です)

 

たくさんのプロフォトグラファーの方が各メーカーのステージで登壇します。

ニコンブースでD750のカメラで登壇されていたのが、茂手木先生でした。

キヤノンユーザーの私が、ニコンD750を買おうかと思ったくらいにメーカーと登壇者の術中にはまりかけました。(結局は買ってません)

 

閉館時間間際にお話させていただいたら、すぐに出なくてはならなくなったのですが、

茂手木先生からもう少し写真の話をしましょうとお誘いいただき、居酒屋へ行きました。

先生の後輩にあたる写真を志す大学生の男性と、

たまたま外の看板を見て入ったミュージシャンの女性、

その時間にギャラリーにいた知らない者同士のそうそうない飲みの席となりました。

 

でもこれがまた、とても楽しい時間でした。

年代も職業もカメラや写真の知識もバラバラな3人。

でも、めっちゃ楽しかった。

 

先生の写真は

真っ暗な中で撮影し、浮かび上がる星空と地上。

自分の思い描いたものを写真で表現する。

自分の思い出や好きな物を追い求め、それをイメージして写真で表現する。

と、私が説明すると微妙に違うかもしれませんが。

 

東京近郊で見たものに何かを感じて撮っている私とは逆の表現。

だからこそ、強く感じるものがあったんだろうな。

 

先生の話を目の前で聴いてる中で

2年前にスクリーンで見た写真を思い出し、

2年前に受けた感銘が呼び起こされ、

思わず浸ってしまいました。

そうそう味わえないだろうなあ、こういう感覚。

 

茂手木先生よりいただいた膨大な刺激と影響は

記憶で頭の中を巡らせるだけじゃなくて、

これから字にして自分に刷り込みます。

貴重な時間をありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーー

茂手木秀行写真展

「星天航路」

コニカミノルタプラザギャラリーB

2017年1月14日(土)〜1月23日(月)

10:30〜19:00(最終日は15:00まで)

東京都新宿区新宿3−26−11 新宿高野ビル4F

ーーーーーーーーーーーーー

 

こちらは、茂手木先生作の動画。

個展会場でも壁一面に流れてる動画のダイジェストです。

 

youtu.be

 

 

 

 

一人一展 2014〜16を振り返り、そして2017年・・・

自分の写真展

いよいよ明日搬入です。

出展メンバーでワイワイと作品の並びを決めて行きます。

 

一人一展は過去3回出展しましたが、

小さなカフェに30人近くの作品が展示されるので、

いつも作品選びと供に見せ方も考えています。

 

過去の作品と展示の仕方を振り返ってみると。。。

☆2014年☆ 

白いフレームで「両手を広げて」というタイトルで三つ葉のクローバーの写真。

新年なので、一年の幸福を祈るような気持ちで写真を選びました。

f:id:photo-fmichiyo:20170114004947j:plain

 

☆2015年☆ 

シャボン玉のモノクロ写真、タイトルは「強くあれ」

「一息吹いてたくさん生まれたシャボン玉。風に乗って離れて割れても漂い続ける一つ。どこまでも。」

とキャプションに書きました。

迷いや葛藤、思うように行かないという気持ちで作った作品でした。

 

天井近くの梁に貼った結果、気づかれなかったこと多数(笑)

f:id:photo-fmichiyo:20160102185453j:plain

 

☆2016年☆ 

公園の池の夕暮れ時の写真をパネルで柱に展示。

タイトルは「家路」

「夕暮れの公園はなぜかノスタルジックな気持ちになる。子供時代よりもずいぶん長い時間生きているのに」

空にも鳥が飛んでるので、A3にプリントしてみたかったので選びました。

グループ展や個展に注力できなくて展示活動をしていなかったし

ほとんどnookに居られないだろうからと

出展に躊躇していたんですが、マスターに後押しされて出展したのを思い出します。

 

f:id:photo-fmichiyo:20170114010718j:plainiPhoneで展示した写真を撮ったんですが、写り込みを回避するためにこうやって上から撮りました。

 

☆2017年☆

私の今年の作品ですが、

ブログにたくさん載せてきました、DEPTHのライブ写真でポスターを作りました。

月曜に作品制作が一段落したと一個前のブログで書きましたが、

その後も毎日細々と調整をしてきました。(キャプションも含め)

やっと出力に出します。

 

 

なんとなく振り返ってみようと書いてみて気づきました。

年に一回、馴染みの場所のグループ展に一点だけ出展してきたことが

自分を知る事になるとは思っていませんでした。

今まで内に内に向かっていた作品が今年は外に向かっています。

 

代々木cafe nook主催 一人一展2017第二部 

1月16日(月)からスタートします。

ぜひ、お越しください!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「一人一展2017 第二部」

会期:2017年1月16日(月)~1月28日(土)

会場:大人の隠れ家cafe nook

住所:東京都渋谷区代々木1-37-3岩崎ビルB1

電話:03-3373-7009

最寄駅:JR、都営大江戸線代々木駅 徒歩2分

    小田急線 南新宿駅 徒歩5分

    各線 新宿駅 徒歩10分

営業時間:平日 12:00~22:00 土曜日 13:00~22:00

日祝定休

1月19日(木)は19時から貸切営業ですのでご注意ください。

※お一人様ワンオーダーお願いします。

 

一人一展イベントページ

https://www.facebook.com/events/1672400209720032/

cafe nookページ

https://www.facebook.com/yoyogi.cafenook

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一人一展 第二部2017.1.16~1.28 出展します。

写真のこと cafe nook 自分の写真展

新年恒例になりました、代々木cafe nookでのグループ展一人一展に出展します。

今年で四回目になりました。

 

昨日、やっと作品の目処が立ちました。

時間かかりました〜。でもって、かっこいい作品になりました!!

一年ぶりのプリントに向けての作業で、PC見すぎて目が痛くなりました。

自分の写真の撮り方を反省してみたり、デジカメの特性に気づいたり、

プリントは、自分の写真を振り返るには大事なことだと再認識しました。

 

一段落したので、昨日臨時営業の代々木cafe nookへ行ってきました。

今年初でしたね。

正月休み明けて2日間、会社で年始の挨拶もしてたのに

三連休の中日にすっかり年始モードはなくなってました。

あーそうだ、nook今年初だったんだ。です(笑)

 

今年の一人一展は出展者多数のため二部制です。

今は第一部の展示中です。

落ち着いた雰囲気の写真でそろってるなあと思いました。

1月14日(土)22時までです。

「一人一展 第一部 1月4日−1月14日 イベントページ」

https://www.facebook.com/events/384590805225702/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「一人一展2017 第二部」

会期:1月16日(月)~1月28日(土)

会場:大人の隠れ家cafe nook

住所:東京都渋谷区代々木1-37-3岩崎ビルB1

電話:03-3373-7009

営業時間:平日 12:00~22:00 土曜日 13:00~22:00

日祝定休

※お一人様ワンオーダーお願いします。

cafe nookページ

https://www.facebook.com/yoyogi.cafenook

※1月19日(木)は19時〜22時貸切の日です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:photo-fmichiyo:20170109085036j:plain

自分の足。

道の片隅にある風景〜夕暮れ〜

写真日記 写真のこと

f:id:photo-fmichiyo:20161231130726j:plain

いつもの道。

アスファルトにそっと生えていた雑草が

夕日にほんのりと照らされていました。

しゃがんで地面すれすれで不安定に構図を作って

信号待ちの少しの時間に何枚か撮っていたら

自転車が通りかかりました。

 

この写真の好きなポイントは

左角の青グレーな色

夕日のオレンジ色

アスファルトのキラキラ

通りすぎてく自転車の作った影

自転車の後輪まで入ってる感じ

不安定じゃなくキマッタ構図 

 

ほぼほぼ撮ったままの雰囲気でちょうどいいかな。

でも、思いっきりいじってみたら違う写真になりそう。